注文住宅が完成するまでにかかる期間

img-1

注文住宅の依頼先の会社としては、ハウスメーカーがあります。

ハウスメーカーに依頼をして注文住宅を作っていくときには、それぞれの会社によって計画期間は異なるものと言えますが、工務店などと比較したときには同様の工法によって建設したときのことを考えると、一番計画のための計画が短い依頼先となります。



一般的な注文住宅の計画期間としては、計画を立ててから住宅の建設を行って入居するまでの期間はおよそ9か月ほどと考えられます。


建設はハウスメーカーに自分の希望や予算を伝えて、どのような条件の住宅を建設したいのかプランの打ち合わせを行うことになります。


家づくりを検討しはじめてから、住宅についての知識を多く得るようになったときに要望が増える可能性があります。



要望が途中で変更したときには、プランの作成に時間がかかるものとなりますので、プランが決定するまでは2か月か3か月ほどの期間は考えておいたほうが良いでしょう。



プランが決定してから、見積りを行います。


見積りに関しては10日ほどでできると言えますが、修正を行う必要がありますので、プランの決定と見積りの内容に合意したときには請負契約を締結します。



注文住宅における素材や設備、カラーなどを決定していきます。



注文住宅は自由な発想で建設が可能なものとなりますので、工法や建物の大きさを自由に選択できることになります。



工法や建物の規模によって完成までに必要になってくる期間に違いがありますが、一般的な木造住宅の建設期間であればおよそ4か月ほどで完成します。

関連リンク

img-2
注文住宅のデメリット

注文住宅は自由に設計できることで施主にとっては快適な環境を作り出せるメリットがありますが、もちろんデメリットに感じられる部分も多くあります。メリットに関しては家庭環境やライフスタイルに合わせた間取りが実現できる点にありますが、住宅購入の満足度を高めるには最適な形態だと言えます。...

more
img-2
注文住宅に必要な費用相場

注文住宅は一般に割高になると言われていますが、設計内容によって変わるため必ずしも高くはならないと言えます。価格を知るには相場を把握する必要がありますが、相場は地域によって異なるのが基本です。...

more
top