注文住宅に必要な費用相場

img-1

注文住宅は一般に割高になると言われていますが、設計内容によって変わるため必ずしも高くはならないと言えます。



価格を知るには相場を把握する必要がありますが、相場は地域によって異なるのが基本です。



注文住宅でも地域に適した基本性能をもたせるのが基本ですから、それぞれの地域の特徴を押さえた設計が求められます。寒冷地では断熱材が必須となりますし、高気密高断熱など基本性能を高める必要があります。
寒冷地の中でも特に冬場の気温が低い地域では、基礎が凍結により破壊されてしまうため、基礎を深くする必要がありますし、外壁に面した窓はペアガラスや二重サッシなどの断熱性能の高いものを使用する必要があります。



一方で年中温かい南の地域では夏場の暑さ凌ぐための基本性能が求められるため、寒冷地の建物とは基本性能が異なります。



地域によって必要な基本性能が変わるため、相場についても地域ごとに異なるのです。



地域とはいっても統計データでは都道府県単位で公表されていますので、居住地の都道府県の相場であれば参考にすることが可能です。

関東や関西など国内の主要都市ほど相場は高い傾向がありますし、構造によっても変わるため注意が必要です。注文住宅の相場は坪単価によって表されることが多いですが、坪単価は正確な金額ではないため参考程度にとどめておくことが大切です。面積が違えば仕様も違いますので、単純な坪単価からは正確な金額を出すことは難しいと言えます。



関連リンク

img-2
注文住宅に必要な費用相場

注文住宅は一般に割高になると言われていますが、設計内容によって変わるため必ずしも高くはならないと言えます。価格を知るには相場を把握する必要がありますが、相場は地域によって異なるのが基本です。...

more
img-2
注文住宅のデメリット

注文住宅は自由に設計できることで施主にとっては快適な環境を作り出せるメリットがありますが、もちろんデメリットに感じられる部分も多くあります。メリットに関しては家庭環境やライフスタイルに合わせた間取りが実現できる点にありますが、住宅購入の満足度を高めるには最適な形態だと言えます。...

more
top